奈良マラソンの受付がいよいよ始まります。 
先着順受付ですから、早い者勝ち! 
ちょっとしたコツがあります。 
私なりの必勝法ですので参考にどうぞ。
この記事は去年のものを流用しますので、
今年は表示が少し変わっているかもしれませんが、基本は同じです。

奈良マラソンは、 
奈良県民枠は、6/17(水)午後8時スタート。 
一般受付は、6/24(水)午後8時スタートです。 

必勝法ー1(パソコンの設定) 

1、まず最初に、パソコンをしばらく放ったらかしにしていても、 
  モニターや電源が切れないように設定をします。 

  コントロールパネル 
  →ハードウェアとサウンド 
   →電源オプション 
    →プラン設定の編集 

  ディスプレイの電源を切る→なし 
  コンピューターをスリープ状態にする→なし 

  この2項目を「なし」に設定してください。 
  これで何時間経っても、 
  画面が消えたり電源が落ちたりしません。 
  
必勝法ー2(ログインしておく) 

2、エントリー開始30分前までに、 
  ランネットにアクセスし、パスワード入力をしておく。 
  この段階ではまだアクセスが集中していないと思います。 

必勝法ー3(エントリー画面を開いておく) 

3、自分がエントリーしたいマラソン大会の画面を開く。 
  この段階では、基本情報やエントリー画面など、 
  どこでも開くはずです。 
  「エントリー」画面で放ったらかしにしましょう。 

必勝法ー4(時間が来たら、エントリーをクリック) 

4、エントリー開始時間になったら、 
  「エントリー」をクリックします。 
  すると、アクセスが集中していると思われますので、 
  「ただいま大変混雑しております」と表示されます。 

必勝法ー5(秒カウンターは、放ったらかしにする) 

5、30秒のカウントダウンが始まります。 
  30→1まで行くと、また30からカウントダウンし始めます。 
  (今年は何秒カウンターか分かりません)

  延々とこれが繰り返されます。 
  この時に、数字が動いている限り、
  絶対に何も触ってはいけません。 
  待ち時間の間に、ネットゲームでもしようとか、 
  別なネット閲覧などは一切考えないでください。 
  何らかのトラブルが起こった時に困ります。 
  とにかくここで放ったらかしにします。 


これまでに失敗した人の話を聞くと、
ここで「再アクセスする」を
むやみに押してしまったことが敗因に多かったです。

「再アクセスする」を押さない!
勝つためには、何があっても
動いている限り、じっと待つことです。


先着順受付で成功しましょう! 

複数のブラウザやタブを立ち上げて
同時にエントリー操作を実行すると、
セッションの問題で予期せぬエラーとなる
可能性がありますのでご注意ください。
また今ではスマホでエントリーされる人もあると思いますが、
電波状況が変化しますので、
可能な限り、有線で接続されたネット回線をお勧めします。

以前の必勝法もよろしければ参考にしてくださいね。  
RUNNET(ランネット)混雑時の必勝法
奈良マラソン2013 エントリー完了!

RUNNETヘルプ画面
混雑画面が表示されたらどうすればいいの?
-----------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】
-----------------------------------------------
私の著書、好評発売中です!
タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネット店でチェックしてくださいね。
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------




書籍の元となったもうひとつのブログもご覧くださいね。
ロゴ enjoyrun
整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、
フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)

=============================
奈良マラソン バナー2015は、12/12~12/13に決定!
=============================
いつも応援ありがとうございます。
いま現在のランキングは何位でしょう?
ついでにポチッと押してみてね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================